プ女子の、主婦による、プ女子主婦の為の!プロレスブログ:花村アニー

【月水金お昼12:00+α更新】主婦プロレス女子の花村アニーによる女子目線なブログですヾ(*´ω`)ノ゙女子の力で新日本プロレスを、プロレス界を盛り上げて行きたい!

プロレスラーがベルトを目指す意味をイマサラ実感~鷹木信悟さんの次のお相手は?~ | 新日本プロレス


こんにちはー│´ω`)ノ 

花村アニーです。

 

昨夜、3.14奈良大会・・・何が生まれたって。

 

ミラノさんと鈴木軍の遺恨でしょうね・・・(・´ω`・)

 

Kiss in the darknessの意味は分かんなかったけど、トクベツだったのは間違いないし。ミラノさん心中お察しします。。。

 

さて。公式戦以外で、密かに一番燃えているのが、このお方ではないでしょうか。

 

f:id:rarara_pujyoshi:20190315112901p:plain

引用画像:新日本プロレスワールド


鷹木信悟選手

 

 

昨年10月8日、ロスインゴに電撃加入から5カ月。

BUSHIさんと1.4東京ドーム大会でジュニアタッグ王座戴冠も、3.6旗揚げ記念日興行で3Kのお二人に王座を奪われ・・・

 

現在フリーの彼・・・

 

と、言うことは今チャンス!ですよね( *´艸`)

 

守るものが何もないと言うことは、何だって自由に出来る。

 

タッグ王座守れなかった時は「なにゆえ・・・( *ω*)」と残念だったけど、そうか彼を自由にする為だったんだな!と納得。

 

Wikipediaによると子供の頃から「自由奔放な性格」だったそうですしね。

 

今年大活躍は約束されている鷹木さん。

 

www.pujyoshi.com

 

しかも、無差別での活躍の期待がかかる。

 

www.pujyoshi.com

 

彼が戦いたい相手、そして、ファンが戦って欲しい相手が・・・もう盛り沢山。

 

新日本プロレスで一番最初に向き合ったSHOさんを始め、いろいろいらっしゃいますが・・・

 

一番盛り上がっているのは・・・

 

この方、マイケル・エルガンさんとの戦いを望む声が多い。

f:id:rarara_pujyoshi:20190315115546p:plain

引用画像:新日本プロレスワールド

 

事の発端は、エルガンさんのこのツイート。

 

 

「もう何年も彼の試合を見るのが好きだった」と。「彼と関本が俺の夢の対戦相手なんだ」と、対戦を熱望していたことを表明。

 

そして、こんなハッシュタグまで発信。

 

 

更には、鷹木さんもバックステージでこんなことを・・・

 

なんかエルガンがな、俺とやるの、夢だったみたいなこと言ってたけど、言わしてもらえば、俺もあいつとやるのが夢だったんだ。面白いね。何回でもやりたいね。

 

相思相愛みたいですね。

 

このお二人何気にどちらも2004年デビューと同期。年齢はエルガンさんの方が若いけれど・・・身長もほぼ同じ。(体重は15kgほどエルガンさんが重い)

 

どちらもパワーファイターゆえのすっごくスイングする試合が見られる!と多くの方が確信し、熱望している。

 

もうジュニアヘビーだとか、ヘビーとかもう関係ない、無差別に面白い試合が展開されるでしょうね。

 

新日本プロレスが今年は無差別級に力を入れて行くとアニーは思っているので、それを象徴する為にも、鷹木さんのシングルマッチ有りじゃないでしょうか。

 

オスプレイさんと二人、無差別級を盛り上げてくれそうですね。

 

スポンサーリンク
 

 

ベルトを持っていることの意味

 

鷹木さんが新日本プロレスに来て唯一のシングルマッチのお相手がヤングライオン・海野さん(恐らく)

 

鷹木さんが順当に勝ったのですが、若いレスラーを相手にするのはドラゴンゲート時代からとても上手かったという彼は、海野さんのことを「おもしれぇやつだな」と。

 

これはアニーの想像ですが「いつでも俺が相手にしてやるよ」何なら「育ててやるよ」と思っていたんじゃないかと。

 

そんな彼がニュージャパンカップに出場。

 

多分、物凄く悔しかったでしょうね。オスプレイさんの出場より悔しいかも。

 

そんな海野さんが、3.13岡山大会では鷹木さんを差し置いて、内藤さんを指名。そして、バックステージではこんなことを・・・

 

今日は内藤さんと試合したけど、内藤さんと試合する以上、インターコンチ(IWGP IC王座)を意識して闘うよ。

 

もう、悔しかったでしょうね!シングルのベルトを持っていることの重大さなんて、すっごく分かっていると思うけど・・・

 

今は一戦一戦誰が相手でもやってやる!というスタンスで鷹木さんは語りますが、同級生の内藤さんとの差は意識したでしょう。

 

当然だけど・・やっぱりベルトを持っていると、相手からどんどん寄ってくる。チャンスも多いし、そして与えられるステージも大きい。

 

誰だって上を目指したいし、チャンスがあるならばインパクトは大きい方が良いし。

 

内藤さんのお持ちのインターコンチネンタルベルト・・・アニーにはイマイチどんな位置のベルトか分からない部分はあって、難しいなぁと思うけど・・・

 

それでも、王座を持っているということの意味の大きさ。

 

すっごくイマサラ実感。

 

鷹木さんは先ずベルトに挑戦する、その権利を得るところから。

 

今後誰とあたっていくのか・・・

 

ワクワクしますね。

 

スポンサーリンク
 

 

最後に・・・

 

昨日はホワイトデーでしたね~

 

ホワイトデーって何あげるか難しいよねって話を昨日していて。アニーが幼いころはマシュマロと言われていたけど、最近はマシュマロってあんまり聞かない気が・・

 

バレンタインデーは、アニーが食べたいからという理由で「堂島ロール」にしたからか

JALのファーストクラス?でも一時期出ていたらしい大阪のロールケーキ。甘さ控えめでとっても美味!おススメですー)

夫からはチョコ返しだったけど・・

 

現在歯医者に通院中ゆえ、ちょっと自粛。早く終われー!歯医者ー!

 

ではでは、またヾ(*´ω`)ノ゙ 

 

ブログランキングの応援もお願いします!

             ↓↓↓↓↓


プロレスランキング

 

※いつも、最後まで読んで頂いてありがとうございます♪

コメント欄でもTwitterでもお気軽にコメント頂けると嬉しいです! 

 

⇒花村アニーのTwitterはこちら

 

⇒花村アニーのInstagramはこちら

 

⇒花村アニーのプロフィールはこちら