プ女子の、主婦による、プ女子主婦の為の!プロレスブログ:花村アニー

【月水金お昼12:00+α更新】主婦プロレス女子の花村アニーによる女子目線なブログですヾ(*´ω`)ノ゙女子の力で新日本プロレスを、プロレス界を盛り上げて行きたい!

オスプレイさんはジュニアヘビー級から無差別級へ? | 新日本プロレス


 

(引用画像:新日本プロレス公式サイト)

 

こんにちはー│´ω`)ノ 

花村アニーです。

 

ニュージャパンカップの第一回戦がすべて終わり、ベスト16が出揃った昨夜。

 

SANADA勝利に・・・ε-(´∀`*)ホッ

 

www.pujyoshi.com

 

試合は、優勝宣言もした後藤さんに負ける!?と思う場面もあって、ハラハラしましたが(>ω<。)

 

最後は、また新潟以外で愛を叫びおって!と、思うかと思ったけど、個人的に繋がりの深い高松への愛を叫んでくれると・・・

 

純粋に、嬉しいもんですねヾ(*´ω`)ノ゙

 

流石は、事前優勝予想で、女性の割合が男性の割合を超えるSANADA・・・!

(棚橋さんの圧倒的女性支持率?には敵いませんが)

 

(引用画像:新日本プロレス公式サイト)

 

まぁまだベスト16に入ったと言うだけで、まだ敗退の方が近い過酷な今回のニュージャパンカップなので、気は抜けません。

 

ロスインゴファンにとって・・・そして、決勝戦の地・長岡の方にとっても(多分)SANADAは最後の希望なので、頑張って欲しい。

 

さて、一回戦の戦いの中で、今日注目したいのは、オスプレイさんvsファレさんの戦い。

 

新日本プロレスが世界基準に踏み入れる

 

3.9愛知大会で、オスプレイさんがファレさんに勝利!

 

NEVER無差別級王者でもあるし、そりゃ簡単に負けるわけにはいかないし、違う階級には互いにない良さがあるけど、ファレさんとの体格差が他の比ではなく。特に体重。

 

オスプレイ選手

身長: 185cm

体重: 86kg

 

ファレ選手

身長: 193cm

体重: 156kg

 

オスプレイさんの勝利にはおぉっとびっくり。

 

更には、次戦もランス・アーチャーさんというビッグガイ。

 

予感が正しければ、アニーの個人的な好み(アーチャーさん好き)とは裏腹に、オスプレイさんが勝利する。

 

これは新日本プロレス宣言的な意味合いなのかしらと思う。

 

フィンレーさんの欠場により、田口監督も出場になったけれど、当初はジュニア部門から唯一のNJC出場だったオスプレイさん。

(海野さんは多分、ヤングライオン枠)

 

公式モバイルサイトの企画でも事前インタビューを公開してる。

 

今までイマイチ盛り上がりに欠けていたNEVER無差別級王座戦線が、後藤さん・タイチさん・飯伏さん・オスプレイさんが絡み合って突如盛り上がりを見せ始めた昨年末。

 

その面々を押さえて2019年最初に王座になったのはオスプレイさんだった。

 

そう言えば、先月公開された東京ドーム大会の舞台裏のドキュメンタリー。

 

まぁ、当然取り上げられるだろうな、という方々の他にピックアップされたのは昨年10月に新日本に参戦した鷹木さん。

 

アニーは、これって、多分2019年の鷹木さんの活躍は約束されたようなもんだな、と思っていたのだけど。

 

今ジュニア戦線で戦う彼らにクローズアップして、超ヘビー級選手を倒すという景色を見せているという事実。

 

世界へ本格的に打って出る新日本プロレスが、世界的に主流だというオープンウェイト(無差別級)部門に力を入れてくよー!という宣言なのかな、と。

 

妄想。

 

新日本プロレスらしさは忘れない

 

来年の東京ドーム大会で、獣神サンダー・ライガー選手が引退。

 

新日本ジュニアの象徴的存在の引退。

 

内藤さんは常々「プロレスは身長や体重、キャリアで競うものではない」とおっしゃっていますから

 

もしかして、それを機に階級自体をなくしちゃうことも有り得るかな!?とも考えたけど、多分それはないかな。

 

世界に打って出るなら、取り入れた方が良い部分もあるけど、らしさが無ければ海外の方にとっても新日本を観る必要がない。他があまりやってないなら、むしろ日本の団体は続けて行った方が良いものね。

 

ヘビー級

ジュニアヘビー級

無差別級

 

この三本柱で今後やっていくのかな、と。

 

ヒロムさんがIWGPジュニアのベルトを巻いて、ヘビーのベルトを巻くのが夢とおっしゃるように、ジュニアヘビーとヘビーの線引きがあった方が、その夢が叶った時の衝撃は大きくなる。

 

その夢は叶えて欲しいと思うので、階級は維持して欲しい。

 

ヒロムさんが、無差別に暴れまわっても面白そうだけど(*´∀`*)

 

スポンサーリンク
 

 

王座の意義を明確に

 

新日本プロレスが持つベルトの中で、特に存在意義がアニー的に明確でないのは、この二つ。

 

IWGPインターコンチネンタル王座

NEVER無差別級王座

 

それ以外は、一定の基準は今のところ保っている。

 

NEVERだって元々は明確に意図のあったベルトだけど、時代は流れ、事情も変わり、難しい立ち位置にきてしまっている。

 

これは一度整理しよう!と思ったんじゃないかなと思うし、是非そうして欲しい。

 

とにかく見始めた頃は理解するのが難しくて、王者なんだから凄いんだろうけど、どう違うの?と。

 

アスリートである以上、団体のトップを目指すのは当然なのかもしれないし、今現在誰もが団体のトップを「IWGPヘビー級王座」と考えている以上そこを誰もが目指すのかもしれないけど・・

 

KUSHIDAさんがかつてのインタビューでROHの魅力を「常に無差別級の闘いを繰り広げていて、マッチメイクがおもちゃ箱みたいで面白い」と語っていらっしゃいました。

 

体が大きい小さいに関わらずどんな相手もどんどん戦って行きたい!海外の多種多様な選手にもどんどん挑戦して行きたい!というレスラーは、我こそは無差別級!と宣言しそのフィールドで戦うのも面白いんじゃないかなヽ(*´∀`)ノ

 

スポンサーリンク
 

 

最後に・・・

 

最近、3つくらいの曲をヘビロテで聴いてるんだけど、この前入ったお店でその3曲が続けて流れていて。

 

一つは流行りの曲だけど、それ以外はそうでもないのだけど・・・

 

スマホで興味のあるもの検索すると、それのオススメ商品が出てくるけど・・

 

人の興味が読み取って曲を流すシステムでもできたのかな!?とちょっと怖くなる。

 

今の私の生活は全てGoogleさんにバレているのかも(゚∀゚;)

 

ブログランキングの応援もお願いします!

                 ↓↓↓↓


プロレスランキング

 

※いつも、最後まで読んで頂いてありがとうございます♪

コメント欄でもTwitterでもお気軽にコメント頂けると嬉しいです! 

 

⇒花村アニーのTwitterはこちら

 

⇒花村アニーのInstagramはこちら

 

⇒花村アニーのプロフィールはこちら